連合福島は、福島県の復興と再生に構成組織の連帯と力強い支援で取り組んでいます。風評被害を払拭し東日本大震災から一日も早い復興を目指そう!

4.推進分野-1

社会運動を通じた平和、人権、社会貢献への取り組みと次世代への継承

志を同じくする仲間の思いと力を、幅広く国民的課題や地域の課題に対して発揮していくとともに、戦争や大規模災害などの実相を風化させず継承していく。また、社会貢献活動への参加体験を通じ仲間の思いを結集し、運動の力を高めていく。
1.支え合い助け合い運動の推進
(1)連合は「ゆにふぁん」活動を通じて、地域の労働組合や地域・地区連合と連携して取り組みをすすめる。NPOなどが行っている支え合い助け合いの活動への参加や支援を促し、社会貢献活動に取り組む。連合福島は、取り組みの推進に向け団体の掘り起しを進め、支援を行う。
(2)「連合・愛のカンパ」について支援内容の充実と支援団体のフォローアップ活動のため、連合本部、構成組織と連携し取り組む。
(3)「ふれあいカンパ」は、2017年から新しい基準のもと、自然保護活動、環境保護活動や災害時のボランティア活動に限定した使用を実施している。計画的な運用をすすめるために、各地区連合と連携をはかりながら使用目途にあった活動を模索し、地域に根差した社会貢献活動をすすめる。
2.平和運動の推進
(1)連合福島は、世界の恒久平和の実現のため、連合本部の①在日米軍基地の整理・縮小と日米地位協定の抜本的見直し、②核兵器廃絶と被爆者を対象に国家補償にもとづく被爆者支援の実現、③北方領土返還と日ロ平和条約の締結について、方針を踏まえ取り組む。なお、在日米軍基地のあり方などを含めた安全保障問題については、連合本部と連携し議論を継続する。
具体的には6月~9月を平和運動強化月間と位置付け、これまでの沖縄・広島・長崎・根室の平和4行動へ積極的に参加し、併せて地域・地区連合ベースでの街頭宣伝活動等により広く県民啓発に努める。
2020年8月22日予定の核兵器廃絶と恒久平和を求める県民集会は、原水禁福島県民会議やKAKKIN福島の後援を求めながら、運動の理念や目標を風化させることなく、次世代に継承すべきことから、広くアピールする集会としていく。
(2)連合本部方針に基づき、2020年核兵器不拡散条約(NPT)再検討会議に向けて、原水禁福島県民会議、KAKKIN福島との3団体による核兵器廃絶1000万署名に取り組むとともに、NPT再検討会議への参加を通じ、核兵器廃絶に向けた合意形成と外交努力を政府に求める取り組みを推進する。
3.人権・連帯活動の強化
(1)就職差別撤廃に向け連合本部、構成組織、地域・地区連合と連携し啓発活動を強化するとともに加盟組合の職場実態を把握し労使協議などの具体的是正に向けて取り組む。
(2)連合本部がすすめる、東京オリンピック・パラリンピック競技大会(2020年)の成功に向け、パラスポーツの周知活動の推進やボランティア派遣の対応を充実させるとともに要請に応じて支援する。
(3)働く者の生活改善、クラシノソコアゲに向けては、労福協、労金、こくみん共済coopやNGO、NPOなど志を同じくする様々な組織・団体と連携・連帯しつつ社会運動を構築し、取り組みをすすめる。
4. 東日本大震災被災地支援、自然災害支援の取り組み強化と連合連携事業継続計画(BCP)の推進
(1)大規模災害発生時における被災状況の把握のため、地域・地区連合との連絡体制の確立、日常的な行政機関とのコミュ二ケーションを強める。
(2)被災地支援は、種々の情報とニーズを把握し、被災自治体の意向も踏まえた内容や事業を行う。
(3)東日本大震災で被災した地域の復興・創生に向け、引き続き県民の意向を重視した政策・事業を、国をはじめとした行政機関に求める。
また、構成組織や組合員の自主的取り組みについて、必要に応じ支援する。
(4)2021年3月11日で東日本大震災発災から節目の10年目を迎える。「当時の状況と連合福島の取り組みや以降の復旧・復興を検証し、後世に引き継ぐ」
また、「風評被害などの誤った認識を払拭し、福島県・被災地の理解を深める」そして、「当時支援いただいた連合本部を始め、関係する仲間に謝意を示す」などを目的に記念事業を開催する。
これに向け、新年度内に実行委員会を組織し準備をすすめるとともに、必要な財政措置を講ずることとする。
(5)社会貢献活動(ボランティア活動)の価値と重要性や必要性を連合福島内全体で理解し、共有化をはかり、福島県労働福祉協議会や関係団体との連携を深める。連合福島としては、地域のナショナルセンターとしての社会的使命と責任の観点から、これまで多様な社会貢献活動(ボランティア活動)に取り組んで来た財産を継承し、これらの尊い経験を糧として、「地域に顔の見える運動」の視点から、様々なケースに対し的確な判断を以て、助け合い・支え合いの精神を大切にし、取り組む。
(6)連合本部が行う事業継続計画(BCP)策定と運用サイクル(教育・訓練等)の実践について、連合福島として連携・周知をはかる。

PAGETOP
Copyright © 連合福島 All Rights Reserved.