連合福島は、福島県の復興と再生に構成組織の連帯と力強い支援で取り組んでいます。風評被害を払拭し東日本大震災から一日も早い復興を目指そう!

7.推進分野-4

連合福島と関係する組織との相乗効果を発揮し得る人材育成と労働教育のいて推進

人材育成・教育は、労働運動の継承と発展を支える喫緊の課題と受け止め、様々な知見を集約し、連合と関係する組織とともに相乗効果を発揮できる体系を構築していく。また、組織内外に対しての労働教育および労働に関わるルールや働くものの権利などを幅広く学べる機会の充実をはかる。
1.連合福島と関係する組織との相乗効果を発揮し得る人材育成
(1)連合福島、構成組織・加盟組合、地域・地区連合は、連合運動の前進に向けた喫緊の課題である各組織を担うリーダーの育成と体制強化に全力で取り組むとともに、それぞれの連携をさらに強化する。
(2)連合中央女性集会や東北ブロック男女平等フォーラムへの参画、連合福島青年女性委員会主催の各フォーラムの企画・運営を通じて課題の共有と主体的行動の促進をはかる。また、県の女性団体連絡会議に参画し、県男女共生のつどい等の県内の男女平等参画の運動に携わりながら、青年・女性リーダーの育成をはかる。
2.連合福島と関係する組織と連携した人材・知見の活用
(1)経営者団体、業界団体などとの連携を強め、連合がめざす「相互信頼を基本とした労使関係」の理解・浸透をはかるとともに、集団的労使関係の重要性について社会的に広める取り組みを強化する。
(2)現退一致の原則を踏まえ、引き続き福島県退職者連合との連携・支援をはかるとともに、「生涯組合員構想」の具現化について、連携を強め対応していく。
(3)連合福島顧問弁護士との連携を強化し、労使紛争に関わる法律相談はもとより、組合員や家族あるいは労働相談者など幅広く、たよりにされ、気軽に相談できる体制づくりに努める。
3.組織内外における幅広い労働教育の推進
(1) 労働組合の社会的価値を高めていくことは重要であり、組合員からの信頼を得る取り組みはもちろん、社会全体(メンバーシップ以外)に向けて労働組合に対する理解が深められ、共鳴・共感される労働運動の取り組みをすすめる。
(2)社会に向けたワークルールの理解促進をはかるために、引き続き「ワークルール検定」の実施に協力する。なお、2019年秋の初級検定が福島県で開催されることから、連合本部と連携し運営にあたる。さらに、2020年秋には、47都道府県での一斉開催に協力する。
(3)連合大学寄付講座、大学・高校出前講座など将来を担う若い世代への教育についても連合本部と連携し、取り組んでいく。

 

PAGETOP
Copyright © 連合福島 All Rights Reserved.